ご案内

Guidance

負荷運転及び点検とは??

消防法における非常用発電機の運転性能の点検です。
平成30年6月に改正された法令で実施義務が定められた総合点検の項目の1つです。

非常用発電機は運転性能の維持に係る予防的な保全策が講じられていない場合は、
年に一回の負荷運転もしくは内部観察の点検義務があります。

しかし、運転性能の維持に係る予防的な保全策が講じられている場合は、
6年に一回の負荷運転もしくは内部観察の点検義務があります。

なぜ負荷運転及び点検が必要??

●消防法第17条3の3の義務とは
非常時の消火活動に必要な屋内消火栓の電源確保や
スプリンクラーを担保する為の運転状況を確認する点検です。

●点検要領消防法第214条24の3の通達とは
30%以上の負荷をかけてその堆積したカーボンを排出することも出来ます。

  • (非常用発電機)

    出力不足
  • (ポンプ)

    作動せず


  • 消火活動不能

  • 消火不能
    発電機火災
    二次災害

自家発電設備の定格出力が、加圧送水装置の出力を上回っていれば、スプリンクラーや消火栓は稼動し、消火活動が出来ます。

1年に1回は発電機に負荷をかけての点検確認をおすすめしています。

いざという時の電源担保は、非常用自家発電機の設置者が負う社会的責務でもあります。

負荷運転方法は??

負荷運転は「実負荷運転」と「模擬負荷運転」の2つに分類されます。

◆実負荷運転
実負荷運転及び点検とは、実際に消火用ポンプを作動させて、
屋内消火栓やスプリンクラーポンプを作動させる点検方法です。
基本的に一時的な停電状態になります。

◆模擬負荷運転
模擬負荷運転とは、模擬的な負荷を発電機に
接続しておこなう点検方法です。
負荷の方式は水抵抗と乾式ヒーターの2つに分類されます。